移住を考える際に注意するべきなのは・・・

間取り図探訪
<strong>中の人</strong>
中の人

中の人は2015年ころに関東からUターンで田舎に戻った組なのですが、その際に経験したことから移住する際に気を付けるべき点をご紹介したいと思います。

<strong>さんかく氏</strong>
さんかく氏

都会で暮らしていると田舎暮らしにあこがれるよねぇ。

<strong>中の人</strong>
中の人

そうですよね。私も早めに自分の人生の方向を考えて動こうと思って田舎に帰ったんです。犬を飼っていることが一番大きかったですが、思い通りにならないことの方が多いので、皆さんがとにかく損しないですむように体験談をかざらずありのまま書いておきたいと思います。

<strong>さんかく氏</strong>
さんかく氏

実際に住んでみないとわからないことはたくさんあるもんね。

Sponsor Link

まず必要なのは金

どこに住んでも生きている限り必要なものを買う必要があります。そのため、お金はどうしても必要です。多く必要なのか少なくて済むのかという違いはありますが、収入と支出のバランスがとれた状態で生活できるかどうかがポイントす。

貯金と年金で生活できる方もいるだろうし、不労収入がある程度あるので働かなくてよい方もいるだろうし、仕事をして収入は普通に得ながらという方もいるだろうし、人それぞれだと思います。

そのあたりがちゃんとバランスがとれ生活ができそうなのかどうかで、移住して大丈夫なのかどうかの判断をできると思います。

ここが難しい場合は、移住はとりあえずやめておいた方が無難です。

親戚の家をもらえるとか、友人がシェアハウスを持っていてそこに住めるとか、そういった何かがある場合でも同様です。

 

住む地域とコミュニティ

周囲の住民のこと。これがかなり重要です。

中の人がこれを参考にしたらいいかなと思うのは、人口流出量の統計データをよく見る事。人口の年代の分布土地の主要産業土地の歴史や風土最低賃金物の相場。そういったものから考えて、その土地がどういう社会を形成しているのかを考えることが必要です。

人口流出量の多い観光地などは間違いなく住みずらいです。こういったところは避けた方が無難です。

また、不思議と人が出ていく土地。こういったところも注意が必要です。特に都会で長く住んでいる人と田舎で長く住んでいる人との間には埋められない溝が長く深く横たわっています。

自と他の境界の感覚が全く違うのは覚悟しておいた方が良いです。人が良ければそれでもかまわないんだけど、意地の悪い人の多い土地などになるとこれが理由で間違いなく住めなくなります。

しかし、表面上はわかりにくく住まないとわからないところなので、データから想像するとよいです。

中の人のオススメは、地方の中核都市から車で一時間くらいで行ける範囲の土地です。

 

次に家

土地が決まったら次は家です。

家や土地を購入する場合の注意点は、安定して水道、電気、ガスなどのライフラインが確保できるかどうか。病気やケガをした際に病院に行けるのか。これは最低限考えなければいけません。

特にライフラインは毎日のことなので非常に重要です。気を付けなければいけないのは、集落から離れた土地や中古物件です。

自分で家を建てる場合、土地を買うと思いますが、ライフラインを引くの自費でやらなければならないことが出てきます。その余裕があるかを考える必要があります。

あと一番気を付けたいのは、格安で売っている中古物件がトラップだらけです。特に古い物件は水道まわりが補修をしないと住めない状態であることが多いし、買った当時になんとか行けても数年後には漏水が・・・とかそういったことが起きます。

何故安いのかを考える必要があります。ただで人にあげてもいいという物件などはこういう取り壊すだけで費用がかかり維持も難しいという物件がほとんどです

小さいお家でよければ中古物件ではなく土地を買って家を建てる方が無難です。

 

<strong>中の人</strong>
中の人

本や雑誌、その他メディアではよい所ばかり紹介するものが多いので、現実的な注意点を書きました。よく考えていい土地に移住できるとよいですね!

Amazonプライム「30日間の無料体験」はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました